機能改善 イベント資料の投稿において、SlideShareやSpeakerDeckと同様に、Docswellの資料を埋め込みスライド表示できるように対応いたしました。資料の投稿機能は、資料URLを指定するだけで、URLから取得した情報を、適した形でconnpass上で表示・共有できる機能です

このエントリーをはてなブックマークに追加

Nov

29

プログラミングにおけるより良い選択とは〜『ソフトウェア設計のトレードオフと誤り』から紐解く設計方法〜

Organizing : ファインディ株式会社

Registration info

無料参加枠(オンライン)

Free

Attendees
389

参加者への情報
(参加者と発表者のみに公開されます)
出席登録
(イベント開始時間の2時間前から終了時間まで、参加者のみに公開されます)

Description

🎥 アーカイブ動画

アーカイブ動画はこちらから
※視聴にはFindyへのログインが必要です。

✍️概要

「ソフトウェアのデリバリーにかかわるすべての人の作業には、トレードオフが満ち溢れています」
エンジニアなら誰しもがしたことのある経験。プログラムを設計するときに行った技術的な判断や選択が、後日大きな制約となってしまいます。プログラミングにおける各種の設計上の選択について、トレードオフの内容やそれがどのような誤りを招くのか。

本イベントでは、書籍『ソフトウェア設計のトレードオフと誤り』で取り上げられている問題を主に、共訳者である渋川よしき さんと、株式会社ログラスの松岡幸一郎さんをお招きして、お二人なら何をどう選択・決断するかをお伺いします。お二人のご経験や知見をお話いただき、ご参加者の皆さんが日々の業務に活かし、良い決断を行うためのヒントを得られる場を目指します。

どの問題・トピックが特に気になるか、申込みの事前アンケートにご記入ください✨

1. コードの重複 vs コードの柔軟性
2. 例外 vs 他のエラーハンドリングパターン
3. 日付と時間のデータを効率よく扱う(タイムゾーンの話)
4. バージョンと互換性の管理
5. 流行を追いかけ続けること vs コードのメンテナンスコスト

投票の多かったトピックについて、お二人にお話しいただきます!
すべてのトピックについては触れられない可能性がありますのでご了承ください

🕛タイムテーブル

時間 セッションタイトル スピーカー
19:00 ~ 19:05 オープニング
19:05 ~ 19:12 イントロダクション:書籍『ソフトウェア設計のトレードオフと誤り』について 渋川さん
19:12 ~ 19:45 パネルディスカッション「渋川さん・松岡さんならどちらを選ぶ?」
トレードオフがある複数の選択肢のうち、お二人なら何を選ぶのかをお話いただきます!
【想定のテーマ】
・コードの重複vsコードの柔軟性
・例外 vs 他のエラーハンドリングパターン
・DDD ドメインオブジェクトvsトランザクションスクリプト…などなど
※アンケート結果をもとに確定します
渋川さん、松岡さん
19:45 ~ 20:05 Q&A 渋川さん、松岡さん
20:05~ クロージング

トピック

🧑‍💻こんな方におすすめ

  • ソフトウェア設計に興味のあるエンジニア
  • ソフトウェア設計に携わるすべてのエンジニア

☑️イベントのゴール

  • ソフトウェア設計に対する登壇者の考え方がわかった
  • 事例をもとにしたソフトウェア設計方法を学び、今後に活かしていきたいと感じた 

💻参加方法とプレゼント企画

Findyマイページ経由でご参加ください

専用URLからFindyマイページに遷移後、視聴URLが表示されます。
ご参加いただきアンケート回答者の中から抽選で「ソフトウェア設計のトレードオフと誤り」を5名様にプレゼント差し上げます。

🎤登壇者


渋川 よしき @shibu_jp
フューチャーアーキテクト株式会社
シニアアーキテクト
東京工業大学卒業後、本田技術研究所に入社。2011年1月にDeNAに転職し、サンフランシスコでngCore用のミドルウェアと開発環境用のツール開発などを経験。2017年9月からフューチャーアーキテクトに所属している。『Goならわかるシステムプログラミング 第2版』(ラムダノート)『Real World HTTP 第2版』(オライリー・ジャパン)『実用 Go言語』(オライリー・ジャパン)『エキスパートPython プログラミング改訂4版』(アスキードワンゴ)など、著書翻訳書多数。


松岡 幸一郎 @little_hand_s
株式会社ログラス
エンジニアリングマネージャー
2020年9月に株式会社ログラスに入社。BtoB SaaSの複雑な領域でDDDやスクラム/XPなどを利用し、組織としての高品質・高生産性な開発を探求。直近は、組織課題を解決するためのシステムコーチング(チーム向けコーチング)にフォーカスし、プロフェッショナル実践コースを受講しつつ社内展開。

⚠️諸注意

  • 参加用リンクは開催当日、参加確定者にconnpass経由で通知します
  • エージェントの方や営業目的でのイベントの参加はご遠慮ください
  • 性別/性的指向/障碍の有無/人種/宗教/å¹´é½¢/容姿/体格/技術の選択に関わりなく、 誰もが気持ちよく参加できるようにご協力ください
  • 当イベントの内容およびスケジュールは、予告なく変更となる場合があります。予めご了承ください。
  • イベント参加時に入力いただいた情報は、以下に基づき扱います。
    ファインディ株式会社 プライバシーポリシー

📣主催・運営



ファインディ株式会社

発表者

Feed

wako_sato

wako_satoさんが資料をアップしました。

11/30/2023 09:56

wako_sato

wako_sato published プログラミングにおけるより良い選択とは〜『ソフトウェア設計のトレードオフと誤り』から紐解く設計方法〜.

11/06/2023 11:24

プログラミングにおけるより良い選択とは〜『ソフトウェア設計のトレードオフと誤り』から紐解く設計方法〜 を公開しました!

Ended

2023/11/29(Wed)

19:00
〜 20:15

Registration Period
2023/11/06(Mon) 11:24 〜
2023/11/29(Wed) 20:15

Location

オンライン

オンライン

Attendees(389)

kazuhito_m

kazuhito_m

プログラミングにおけるより良い選択とは〜『ソフトウェア設計のトレードオフと誤り』から紐解く設計方法〜 に参加を申し込みました!

いとたけ

いとたけ

プログラミングにおけるより良い選択とは〜『ソフトウェア設計のトレードオフと誤り』から紐解く設計方法〜 に参加を申し込みました!

rokada

rokada

プログラミングにおけるより良い選択とは〜『ソフトウェア設計のトレードオフと誤り』から紐解く設計方法〜 に参加を申し込みました!

pep

pep

プログラミングにおけるより良い選択とは〜『ソフトウェア設計のトレードオフと誤り』から紐解く設計方法〜 に参加を申し込みました!

SYM

SYM

プログラミングにおけるより良い選択とは〜『ソフトウェア設計のトレードオフと誤り』から紐解く設計方法〜 に参加を申し込みました!

kaz5930

kaz5930

プログラミングにおけるより良い選択とは〜『ソフトウェア設計のトレードオフと誤り』から紐解く設計方法〜 に参加を申し込みました!

ysj

ysj

プログラミングにおけるより良い選択とは〜『ソフトウェア設計のトレードオフと誤り』から紐解く設計方法〜 に参加を申し込みました!

_kotetsu_

_kotetsu_

プログラミングにおけるより良い選択とは〜『ソフトウェア設計のトレードオフと誤り』から紐解く設計方法〜 に参加を申し込みました!

micchi_0xffff

micchi_0xffff

プログラミングにおけるより良い選択とは〜『ソフトウェア設計のトレードオフと誤り』から紐解く設計方法〜 に参加を申し込みました!

fo-ji

fo-ji

プログラミングにおけるより良い選択とは〜『ソフトウェア設計のトレードオフと誤り』から紐解く設計方法〜 に参加を申し込みました!

Attendees (389)

Canceled (17)