お知らせ connpassではさらなる価値のあるデータを提供するため、2024年5月23日(木)を以ちましてイベントサーチAPIの無料での提供の廃止を決定いたしました。
料金・プラン等につきましては後日改めてご案内いたします。詳しくはこちらの お知らせをご覧ください。

お知らせ connpassをご利用いただく全ユーザーにおいて健全で円滑なイベントの開催や参加いただけるよう、イベント参加者向け・イベント管理者向けのガイドラインページを公開しました。内容をご理解の上、イベント内での違反行為に対応する参考としていただきますようお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Feb

21

開発生産性可視化を通じた"Developer Experience向上"への取り組み

開発生産性可視化のネクストステップへの具体的な取り組みをhokan社、Findyでお話しします

開発生産性可視化を通じた"Developer Experience向上"への取り組み
Registration info

参加枠

Free

FCFS
123/150

Attendees
shirakiya
KoutaAkahoshi
_mew_ton
haruka_odenkun
neptaco
bdm
yuB07
Takumi
tknhs
hachimaki
View Attendee List
Start Date
2023/02/21(Tue) 12:00 ~ 13:00
Registration Period

2023/02/09(Thu) 14:05 〜
2023/02/21(Tue) 13:00まで

Location

オンライン

オンライン

参加者への情報
(参加者と発表者のみに公開されます)

Description

【hokan×Findy】開発生産性可視化を通じた"Developer Experience向上"への取り組み

Findyでは、エンジニア組織支援クラウドFindy Team+をリリースし、エンジニア組織づくりや生産性の可視化を通じたパフォーマンスの最大化支援に取り組んでいます。

昨今では開発生産性を定量化する指標として、GoogleのDevOps Research and Assessment(DORA)プロジェクトによる研究で提唱された”Four Keys”指標がトレンドになりつつあり、開発生産性・効率の維持・向上をミッションに掲げて、行う組織が増えてきています。

今回は、開発生産性向上の先にあるビジョンを描き、組織として「ELTV最大化を通じて、投資対効果を可視化」に取り組まれている株式会社hokan様をお招きして、開発生産性をどのように測定しているか、また、どのようにビジネスアウトカムにつなげているか等について、パネルディスカッション形式でお伺いしていきます。 ELTV = Employee Life Time Value

エンジニア組織における開発生産性向上に対して課題感・興味を抱いている方や、開発生産性向上を推進・検討されている方など、ご興味ある方は、ぜひご参加ください。

トークテーマ

  • 開発チームの体制やミッションは?
  • 開発生産性をどのように計測し、改善活動を行っているか?
  • 開発生産性向上に取り組む過程で直面した課題と取り組みは?
  • 開発生産性向上を通じて、どのように開発者体験(Developer Experience)を高めているか?
  • 開発生産性向上の文化は、どのように醸成しているか?

こんな方におすすめ

  • VPoE、CTO、エンジニアリングマネージャーなどエンジニア組織作りを担当している方
  • 開発生産性向上に興味・関心があるエンジニア
  • 自社の開発生産性の高さをPRしていきたい組織長
  • エンジニア組織作りに力を入れていきたい企業の経営者

スピーカー

株式会社hokan Engineering Manager 前島 治樹


大学院卒業後、ITコンサルタント、スキルシェア系スタートアップのエンジニアを経て株式会社MUGENUPに転職。開発組織の構築・マネジメントから採用周りのオペレーションまで幅広く担当。その後2021年9月より株式会社hokanに入社。エンジニアリングマネージャーとして、マネジメントから採用まで担当。

ファインディ株式会社 VPoE 神谷 健 @k_m_y_


約10年間、フィンテック企業の業務基幹システムの開発に従事した後、株式会社ドリコムに入社。『ダービースタリオン マスターズ』など数々のヒットタイトルの開発に携わる。新しい領域への挑戦のためファッション業界、株式会社ZOZOへ。ファッションコーディネートアプリ「WEAR」の開発部長を務める。2021年11月、ファインディにジョインし、現在、VPoEを務める。

諸注意

  • 当日の配信先は当イベントの参加者のみにメール経由で連絡します
  • 参加される際はご自身の音声をミュートにしてご参加ください
  • 性別/性的指向/障碍の有無/人種/宗教/年齢/容姿/体格/技術の選択に関わりなく、 誰もが気持ちよく参加できるようにご協力ください
  • エージェントの方や営業目的でのイベントの参加はご遠慮ください

参考リンク

  • Findy Team+ Award
    • 昨今、エンジニアのリモートワークの浸透や採用競争激化など、エンジニア組織を取り巻く環境の変化に伴い、マネジメント難易度が上がる中、より良い開発者体験を実現するためには、データを活用した定量的なマネジメントが重要なファクターであると考えました。イノベーションの中核を担う、すべてのエンジニア組織における開発者体験向上への一助となるべく、開発生産性が優れたエンジニア組織を称える「Findy Team+ Award」を開催。

主催・運営

ファインディ株式会社

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Feed

bachio178

bachio178 published 開発生産性可視化を通じた"Developer Experience向上"への取り組み.

02/09/2023 14:06

開発生産性可視化を通じた"Developer Experience"向上への取り組み を公開しました!

Ended

2023/02/21(Tue)

12:00
13:00

Registration Period
2023/02/09(Thu) 14:05 〜
2023/02/21(Tue) 13:00

Location

オンライン

オンライン

オンライン

Attendees(123)

shirakiya

shirakiya

開発生産性可視化を通じた"Developer Experience"向上への取り組み に参加を申し込みました!

KoutaAkahoshi

KoutaAkahoshi

開発生産性可視化を通じた"Developer Experience"向上への取り組み に参加を申し込みました!

_mew_ton

_mew_ton

開発生産性可視化を通じた"Developer Experience"向上への取り組みに参加を申し込みました!

haruka_odenkun

haruka_odenkun

開発生産性可視化を通じた"Developer Experience"向上への取り組み に参加を申し込みました!

neptaco

neptaco

開発生産性可視化を通じた"Developer Experience"向上への取り組み に参加を申し込みました!

bdm

bdm

開発生産性可視化を通じた"Developer Experience"向上への取り組み に参加を申し込みました!

yuB07

yuB07

開発生産性可視化を通じた"Developer Experience"向上への取り組みに参加を申し込みました!

Takumi

Takumi

I joined 開発生産性可視化を通じた"Developer Experience"向上への取り組み!

tknhs

tknhs

開発生産性可視化を通じた"Developer Experience"向上への取り組みに参加を申し込みました!

hachimaki

hachimaki

開発生産性可視化を通じた"Developer Experience"向上への取り組み に参加を申し込みました!

Attendees (123)

Canceled (1)